いい求人を見つけプログラマーへ転職|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

いい求人を見つけプログラマーへ転職

私はプログラマーです。前の会社はソフトウェアの会社で、新卒で入社して3年。これといって不満があったわけではありませんが、いい求人があったら転職したいなぁと思っていました。

すると、求人サイトでいい求人を見つけました。ホームページ会社でプログラミングの仕事です。魅力的だったので、即応募したら、即採用となりました。今までと違いホームページ関係はどうなのか、わくわくしていました。

実際働き始めると、ホームページのことを1から叩き込まれました。ホームページのプログラムの場合は、ネットワークが絡んだりしていろいろややこしそうです。でも私は3年間ソフトウェア開発していた自身があります。すぐに覚えられると思っていました。

しかし、実際はネットワークが絡むとややこしい…。新しいプログラミング言語をなかなか覚えきれずにいました。そしたら上司から、「君はそれでもプログラマーか!」と言われてしまいました。プログラムだけは自身があったのでショックでした。

私は必死で新しいプログラミング言語を覚えました。負けず嫌いな性格なので、あんなことを言われて黙っていられません。そして、上司に覚えたことを伝えて仕事を待ちました。しかし、いつまで経っても仕事はきません。後は何が足りないのでしょうか…。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.