御手洗芳樹さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

御手洗芳樹さんの挫折ストーリー

御手洗芳樹さんが山川ファクトリーを選んだ理由

御手洗さんは山川ファクトリーで働く事になったそうです。山川ファクトリーを選んだ決め手としては給料が前の会社より1万円高いからだそうです。前の会社は給料が安い為、勤務後にアルバイトをして稼いでいたそうで、体力に限界が来たそうです。それなら普通に勤務して3万円多くもらえる環境に身を置く方がいいと考えたらしいです。山川ファクトリーを選んだ決め手としてはそこが全てだったようですね。

 

御手洗芳樹さんがこの企業で挫折したこと。

御手洗さんは入社してから営業の仕事を始めて経験しました。それまでは内勤だった為仕事の違いにかなり苦戦してそうです。特に人と話をするのがとても苦手でプレッシャーがすごいため精神的な疲労がピークになったそうです。人と接する事を仕事にしたいと思ったそうですが、実際にそうやって数字を出していく重みに耐えられず、段々精神がきつくなってきたそうです。

 

挫折を前にどう思ったか

勤務して2ヶ月でパンクしてしまいそうになりました。毎日テレアポと飛び込みの日々で人からきつく言われたり罵詈雑言を浴びせられる事も多く、「いらないっていっただろ?」「前も電話してきたよな?」と言われて泣いてしまう事も多かったそうです。そんな仕事を延々としている中で、前までしてきた内勤は人と全く接しなくてよかったなーと思ったそうです。

 

その挫折をどのように乗り越えたのか。

慣れない営業の仕事に挫折しそうになった御手洗さんは、とにかくどんどん積極的に動く事をやっていったそうです。仕事を変える事はできないので自分が変わろうと動き、人と会うのを楽しもうと取り組んだそうです。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.