山下智子さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

山下智子さんの挫折ストーリー

山下智子さんが大塚産業を選んだ理由

大学に通っている時にココの会社に入れば福利厚生などが良いということを2個上の先輩に聞いたというのが安易な考えのようです。自分の意思で行動するのではなく他人の考えを鵜呑みにして人生を決まると後で確実に後悔します。その事を山下さんは分かっていないのでしょうか。

 

山下智子さんがこの企業で挫折したこと。

先輩の言葉で自分の進路を決めた智子ちゃんですが、さっそく1つ目の挫折を味わいました。内勤のつもりで面接を受けて通過したのですが、通達が来た時に辞令書には第二営業部へ移動と書かれていました。私は、内勤だけをする考えだったのですが、営業等何をどうすればいいのか分かりませんでした。

 

挫折を前にどう思ったか

辞令を頂いた時に私は、まず会社を辞めようと思いました。でも何もする前に辞めてしまえば自分が弱いだけの事を証明してしまうのでそれは嫌だと思ったようです。

 

その挫折をどのように乗り越えたのか。

する前から無理だと放棄しなで一度やってみようと思ったようです。多くの人は自分がしたいと思う仕事が出来ていないと聞きます。自分の好みで選んでないといっても選んだのは自分なので覚悟を決めて仕事をするようにしたようです。

 

このサイトを見ている人へメッセージ

自分の進路は確実に自分で決めよう友人に決めてもらったりすると、あとで後悔する事も出来なくなります。人が決めたレールで進むのは簡単ですが自分で楽しむことが出来なくなります。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.