清水明華さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

清水明華さんの挫折ストーリー

清水明華さんが可楽キッチンを選んだ理由

清水明華さんが今回選んだアルバイト先は、学生の頃に1週間に5回くらいは通っていたと言われている大好きな可楽キッチンにアルバイト先をきめました。明華さんは1週間の内に2日に1度は可楽キッチンのスペシャルランチを食べなければおかしくなっちゃう病にかかっていたほど大好きだったそうです。

 

清水明華さんがこの企業で挫折したこと。

毎日のように食べに行っているあの時とは違いました。今は、毎日働くことになっていました。そこで分かったことがあったそうです。それほど大きくない店内を必死に動かないとお客様を捌くことが出来ないということに気がついたらしいのです。頭で分かっていてもここまでハードとは思っていなかったそうです。

 

挫折を前にどう思ったか

毎日こんな感じでハードなのであれば続けていくことは無理だと思いました。このままでは体が壊れてしまう。何か対策を講じなければいけないと思いました。このままではバイトしたお金が体を癒す為に病院代に消えてしまうと思いました。

 

その挫折をどのように乗り越えたのか。

本当に体の事を考えて店主にどうすれば上手くお客様を捌くことが出来るのか聞こうと思いましたが、何故か聞いた時点で見下さられると思って自分で考えました。その答えは簡単でした。お客様の食べる速度等を予想してどの場所にどのお客様を入れるかを考えてお客様を誘導していくだけ。これで捌けることが判明したそうです。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.