大島美耶子さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

大島美耶子さんの挫折ストーリー

大島美耶子さんがメディパル教育企画を選んだ理由

私は大島美耶子さんと小学校の頃からの仲良くしている俗にいう腐れ縁の大親友といった中です。美耶子ちゃんは、弟と妹がいる3人兄妹の長女だったので小学校の頃から勉強を教えることに慣れていました。また教え方も相手の意見を確実に尊重して教えるので教わっている方がどんどん実力がついていくのでいつかは素晴らしい先生になると思っていました。大学で少し問題があり学校の先生にはなりませんでしたが、塾かどこかの教育機関で働くと思っていました。

 

大島美耶子さんがこの企業で挫折したこと。

美耶子ちゃんは、個別に教えるのは得意だったのですが集団を相手にして教えるのは苦手だったようです。1人1人を相手にして、時間をかけて、としていたら時間が足りないという結果になり3回目からは上司からこのままでは、あなたの会社での進退を決めなければいけないと言われたそうです。

 

挫折を前にどう思ったか

好きな事をさせて頂いているのに、会社に背いたことは出来ないと思いました。その時から他の先生の授業の進行方法を100%真似るのではなく自分なりに改良した講義が出来るように試行錯誤して自分のオリジナルを作りだしました。

 

その挫折をどのように乗り越えたのか。

他の先生の講義をみて自分のオリジナルの講義方法を作りだしました。教える時間が足りない時は、宿題にするなどして授業時間外で私の所へ危機に来るようにしました。結果は大成功でした。子ども達も授業が面白いと言ってくれるようになりました。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.