山本尚紀さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

山本尚紀さんの挫折ストーリー

山本尚紀さんがラモレールを選んだ理由

会社の帰りには必ず寄っていた店がラモレールだったようです。会社で問題があったときは必ずここのケーキセットを買って食べているという話を何度も聞いたことがあります。でも、それをした後は思いっきり後悔してランニングを2時間はしていたらしいですよ。それぐらい好きで、最終的にラモレールで働きたくなり転職をしたらしいんです。

 

山本尚紀さんがこの企業で挫折したこと。

お客様として訪問している時は良かったのですが、転職してまだ慣れていないとかの問題ではなくて勤務場所が問題でした。山本さんは販売部に配属になり日々販売の仕事をしなければいけないのです。人と話すことがそれほど好きではない人なので人並み以上に苦しんだそうです。

 

挫折を前にどう思ったか

話をすることがそれほど得意ではないので本当に困りました。ですが、転職をしてきて挫折してまた会社を辞めるなんてことになってはいけないと思いました。

 

その挫折をどのように乗り越えたのか。

先輩がする接客方法を見て学びました。何も自分からべらべら話す必要はありませんでした。商品の軽い説明をした後は、お客様の体験談やお客様のお話を聞きだす方法を学びました。自分が話下手だからと言って無理に話をするとお客様は変に警戒されるので、警戒されないように話をうまく聞きだせるように簡単な質問だけどしていれば関連した話をしてくれます。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.