杉立恵里さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

杉立恵里さんの挫折ストーリー

杉立恵里さんが田名川株式会社を選んだ理由

杉立恵里さんは、事務員の評判が高いとテレビでしていた田名川株式会社に緒応募しました。田名川株式会社は、ごくごく一般的な会社なのですが社長がとても社員にたいして教育熱心で特に会社の最初の顔である受付や営業マンの力になる事務の教育には本当に力を入れていると去年のテレビ番組の放送を見て共感する部分がとても強かったらしいのです。

 

杉立恵里さんがこの企業で挫折したこと。

テレビで見た社員は、本当に出来る社員だけが出ていたようでした。面接を受けて受かったのは良いですが、会社では日々地獄とまでは行きませんが北朝鮮のマスゲームのような教育をされていたと聞きました。しっかりと出来ない人は徐々に辞めていくので離職率は高い会社だということ実感したそうです。

 

挫折を前にどう思ったか

本当に自分が思っていた会社とは違ったそうですが、ここでなら自分が去年見た万能にも思える女性事務員に見られることが出来るかも知れないと思ったそうです。挫折したから辞めていてはここに入った意味がないと思ったそうです。挫折したからこそ自分の意思を再度確認することが出来たと前向きな発言をしていました。

 

その挫折をどのように乗り越えたのか。

自分が、最初に入ろうと思ったのは、なぜだったのかを改めて考えたそうです。自分も人に綺麗に見られたい。そう思ったからこそ始めた仕事であったの再度思い出して挫折して負けるのではなく仕事を楽しんでするようになったのです。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.