花田圭二さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

花田圭二さんの挫折ストーリー

花田圭二さんが㈱荒川を選んだ理由

以前は配送の仕事をしていたのですが、本来は人と話をすることが好きなので配送の仕事を始めて4年目くらいには営業職への転職をしようと考えていました。でもどうも転職するタイミングが合わなくて今年で入社8年になりました。40歳を手前に最後の転職チャンスだと思い転職雑誌を見たときに、「あなたの力を営業に活かしましょう!」と、いう私の為に準備されたような求人を見たので㈱荒川をキャッチだけで選びました。

 

花田圭二さんがこの企業で挫折したこと。

この会社に転職してから給与や待遇面での不満は何一つありません。本当に素晴しいと思っています。ですが、転職してきて1ヶ月目はまだまだこれからと思っていましたが2ヶ月、3ヶ月と過ぎたときに、ぼんやりと思っていたことが現実になりました。人と話をするのは好きですが、私の話し好きは場を盛り上げたり相手の興味を引いたりする話ではないことに気が付きました。自分勝手に話しているのが好きなだけでした。それが分かったのが転職してからなので本当に絶望しました。

 

挫折を前にどう思ったか

取り返しのつかない転職をしたのではないかと思いました。このままこの仕事を続けていって大丈夫だろうか、今なら前の職場に戻れないだろうか?いろいろなことを考えました。すでに転職して5ヶ月が経とうとしているので私が思っているようには行かないことは分かっていますが、本当に悩みました。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.