水田寿々花さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

水田寿々花さんの挫折ストーリー

水田寿々花さんがドリーム保育園を選んだ理由

いま現在の子ども(小・中)の教育を教えていくというのは、本当に難しいのです。それは、勉強を生徒に教えるだけではないからです。塾や予備校に関しては、先生の成績や人気になって給与が変わるのです。それは経営している人からすれば当然のことかも知れませんが、その世界で働きたくないと思った私の答えは、ドリーム保育園で働くことでした。理由は、保育園でならそういうことはないと思ったからです。

 

水田寿々花さんがこの企業で挫折したこと。

私の考えは本当に甘かったと思い知らされたことが起きました。私の甘い考えでドリーム保育園を希望しました。争いがないと思っていた保育園からもう生徒の親が先生に意見をいう行動は始まっていました。私は教えることが好きなだけなので講師をするという選択が間違っていたのだと思いずい分と凹みました。

 

挫折を前にどう思ったか

物事を人に教えていくことが好きだというだけで講師をしてはいけないのだと思いました。自分の知っている知識を人に教えるという行為はいいことだと思っていましたが、自分に自信がないとしてはいけない事なのだと分かりました。

 

その挫折をどのように乗り越えたのか。

私は、教えるという行程が好きなのですが、その純粋なことだけを考えてすればいいのだと思うようにしました。乗り越えたというより少し開き直ったという感じで仕事をする事にしました。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.