谷川真之さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

谷川真之さんの挫折ストーリー

谷川真之さんが丸谷食品を選んだ理由

谷川は、元々販売スタッフとして仕事をしていました。販売していえる会社と提携をしている会社が丸太食品でした。販売スタッフとして毎月トップ3には入っていた谷川ですが、仕事に対するやりがいが薄れてきている部分がありました。理由は、2年以上ものあいだトップ3もしくはトップ5に継続して入っているので、自分がいる為に他の販売営業の者の販売意欲が延びないのではないかと考えていました。それが丸太食品に転職を考えた

理由になります。

谷川真之さんがこの企業で挫折したこと。

丸太食品に転職が成功しました。今まで販売スタッフとしての実績があったので営業の仕事も難なくクリアできると思っていましたが簡単にいくものではありませんでした。企業を回り地道に取引先の企業と話を重ねて契約を結ぶということは、いち商品を販売していくものとは分けが違いました。販売の実力があっただけ営業で好成績をあげることが出来ない事に少しうつになりかけていました。

挫折を前にどう思ったか

挫折した時に思った事は、過去の栄光にすがっていては駄目だということでした。過去は過去だと自分の中でキッチリと分別をつけて仕事に取り組まなければいけないと分かりました。今まで出来ていた場所と、今働いている場所が違うこと挫折によって知りました。良い意味での開き直りで明日から丸太食品で新しいスタートが切れると思いました。

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.