山下さんの挫折ストーリー|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

山下さんの挫折ストーリー

山下さんが歌山産業を選んだ理由

今、在籍している会社より楽だろうと思ったのと他の社員に気を使わなくてもよいのだろうと考えたので歌山産業に転職しようと思いました。

山下さんがこの企業で挫折したこと。

産業、工業の仕事は何でも簡単だと思っています。私は落ちぶれても普通の企業で働いているのですから日雇いなどをしている会社では凄い存在の人になれると思っていました。ですが、全く無理でした。自分は何処に行っても駄目なことを知りました。会社で友人と呼べるような同僚を作らなければやっていけないのかと本当に悩みました。

挫折を前にどう思ったか

いろいろマイナスに考えた時はもう辞めようと思いました。このまま続けても全く意味はないと覚ったからです。本当に八方塞がりの状況でした。やる気も失せて自分の存在理由も無くしていました。私に気を使ってくれる人の言葉もすべて私の悪態をついているだけにしか聞こえませんでした。周囲が全て敵でした。

その挫折をどのように乗り越えたのか。

会社を辞めるということは自分の生活が維持できなくなるということ意味していました。私は会社に対して仮面を被ることにしました。自分の本性を隠しました。社会では、会社に適合しないと弾かれてしまいます。何かを犠牲にしなければいけないのです。楽な道より険しい道を進むことが自分の明るい未来に繋がるように考えるようにしました。

このサイトを見ている人へメッセージ

努力は、絶対報われます。自分を信じていきましょう!

オススメ情報

関連記事

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.