Documentary of Slancuba~転職後の挫折~とは|Documentary of Slancuba~転職後の挫折~

仕事が楽しいかどうかはわからない。涙のような挫折が人を強くする。

Documentary of Slancuba~転職後の挫折~とは

仕事をしている上で挫折を感じることって多いのではないでしょうか?求人に応募する際は求人に書かれている資格をみて「この仕事なら私にもできるのではないか?」「きっと私ならここで働くことができるはずだ・・・」そう思いながら仕事に応募していると思います。そして、選考が進むにつれてその思いは強くなってくる。これが転職をした人ならばそういった思いは強いのではないでしょうか。転職をする前に得たスキルを活かして、新しい職場で自分自身をより高めようと思うのが普通ですからね。

しかし、実際に働いてみると思いもよらぬ壁にぶち当たったりするものです。求人では書いていない様な仕事を依頼されたり、仕事以外に自らの時間を犠牲にまでし無くてはならないこと。

そして何より、自らの力以上にスキルを持っている人たちがその職場にいる。
最近の若い子たちはこうした求人とのギャップ(職場の人に比べてできないこと)を数え自暴自棄になる方が多くいると聞きます。そして、その思いが強くなりそっと職場から去っていく人が多いそうです。

更にそうした人たちが転職をする希望すら失われてしまい、有効求人倍率が高くなってきているにもかかわらず、浮浪者の層を厚くしてしまうと近所のハローワークの職員方がおっしゃっていました。

確かに、アベノミクスの影響で求人は多くなり転職を斡旋しているサイトは多く人を求めています。

しかし、上記にも記載した通り転職や求人に応募する前の人達がそうした軽い思いで応募をしたりする。事前にどういった挫折があるのかすら覚悟できてないゆえに、人が入っても直ぐにやめてしまう。

そうした事がおきているのです。私達はそうした企業やハローワークの人たちの想いをどうにかして変えていきたい。そう想いこのサイトを立ち上げました。

このサイトでは、弊社へ頂いたお便りや悩みをここに記載して、就職したらこういった挫折がある。それを乗り越えるためにはどうすればいいのだろうかというのを届けていきます。

初めは、業種もそれほど多く記載することもできず、悩むことも多く見て頂いている方々が満足するようなものはお届けできないかもしれませんが、いつの日にかこのサイトがあってよかった。このサイトのおかげで、転職する間に覚悟ができた。求人を見て応募する前にそうした覚悟ができたと言って頂ければ幸いです。

尚、このサイトで紹介する話は全て実話です。ですのでこのサイトで読んでいることを胸に刻み、就職活動をしてください。

新着のお知らせ

オススメ情報

All contents copyright © Documentary of Slancuba~転職後の挫折~ All rights reserved.